リサイクルトナーで環境に優しく|財布も地球もエコロジーなメーカー

プリンター

価格が安く費用削減に

品質認定基準にも目を

プリンター

プリンター本体の価格は昔よりもだいぶ安くなっていますが、トナーなどの消耗品の価格は以前と同じようにそれなりの価格となっています。 そこで最近注目されているのが純正品よりも圧倒的に安い価格で購入出来るリサイクルトナーです。 その価格は純正品と比べると10分の1という低価格なものもあるぐらいで、上手く使用することで大幅に経費を削減することも可能です。 しかし、この際についつい価格にばかり目がいってしまいますが価格以外にも目を向けなければいけないことがあります。 それは各種品質認定基準です。 リサイクルトナーは圧倒的に安くはありますが、中には品質の低いリサイクルトナーも市場に出回っています。 そういったリサイクルトナーを選ばないようにするためには、価格だけではなく品質認定基準があるかどうかも大切です。

純正品よりも低価格

純正品よりも圧倒的な低価格で知られているのがリサイクルトナーです。 純正品はメーカーが本体価格を安く設定する代わりに高く設定していることが多く、どうしても割高になってしまっています。 リサイクルトナーはメーカーと違ってプリンターの開発費などが必要ありませんので、それだけ低価格で販売可能となっているのです。 リサイクルトナーは名前の通り使用済みのカートリッジを再利用している為に、どうしてもある程度の初期不良品が出来てしまいます。 以前よりは初期不良も減ってはいますが、低品質の安いメーカーの場合はそれだけ初期不良品が多くなってしまいます。 ですが、リサイクルトナーはリサイクル品であるために純正品よりも手厚い保証がついている事が多くなっています。